「了解いたしました」とは?正しい意味と使い方


[スポンサードリンク]

 

基礎

意味

「分かりました、承知しました」を丁寧に伝える表現方法です。

 

 

正しく使うには

幅広く一般、ビジネスにと使用されている敬語です。

マナーとしては良くないと言った意見も見受けられますが
「了解しました」「了解いたしました」と言う分には言葉としては間違っていません。
ただし、「了解」「了解です」という表現に付いては良くない例とされています。

人に何かを言われたときに、
「分かりました」の気持ちを表したい時、伝えたい時に使用する言葉です。

ビジネス上使用しても問題ないとは言われていますが、
やはりマナー違反だと受け取る人も居るのは確かなので、
念のため、「了解」を「承知」に変更して使った方が良いでしょう。

「かしこまりました」というのも好ましい一例です。

 

 

[スポンサードリンク]

 

 

使い方・例文

ビジネスの時に

了解いたしました。当方も最後まで対応させていただきますので、よろしくお願いいたします。

お返事ありがとうございます。前払いで了解いたしました。確認次第、郵送させていただきますね。

出荷完了の件、了解致しました。迅速な発送と連絡をいただけたこと、感謝申し上げます。

 

 

敬語を使う必要がある時に

今週末のソフトボール大会の件、ご参加了解いたしました。ありがとうございます。

日時につきましては、13時集合ということ了解いたしましたとお伝えいただけますでしょうか。

 


[スポンサードリンク]



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。